スポンサーサイト


→ スポンサーサイトの続きはこちら

糖尿病の合併症とアルツハイマー

狭心症の治療中です。また、前回の血液検査から数ヶ月経っているということで血液検査用の採血もしましたが、一昨日、田舎の同窓生が糖尿病のために1年以内に失明すると医師から勧告を受けている。という連絡があり、通常の血液検査(私の場合はコレステロールなど。。)に加えて糖尿病と前立腺がんの検査も加えることになりました。また今日は患者さんも少なかった関係で先生ともすこしお話をすることが出来ました。糖尿病のはな...
→ 糖尿病の合併症とアルツハイマーの続きはこちら

糖尿病の合併症とアルツハイマー

狭心症の治療中です。また、前回の血液検査から数ヶ月経っているということで血液検査用の採血もしましたが、一昨日、田舎の同窓生が糖尿病のために1年以内に失明すると医師から勧告を受けている。という連絡があり、通常の血液検査(私の場合はコレステロールなど。。)に加えて糖尿病と前立腺がんの検査も加えることになりました。また今日は患者さんも少なかった関係で先生ともすこしお話をすることが出来ました。糖尿病のはな...
→ 糖尿病の合併症とアルツハイマーの続きはこちら

糖尿病は脳梗塞を招き動脈硬化のハイリスク

つい最近に、50歳半ばの釣り仲間が脳出血で倒れて、そのまま帰らぬ人となりました。今頃天国で好きな釣りでもしているのでしょうが、残された家族を見るのがつらいですね。天井が回るような状態のめまいがするといっていました。早めに病院で診てもらう予定だったのが・・・仕事面でもいろりと悩みもあったのでしょう。酒の量がすぎていたように聞きます。50代半ばではちょっと早すぎますね・・・・三大成人病といわれる中でも...
→ 糖尿病は脳梗塞を招き動脈硬化のハイリスクの続きはこちら

糖尿病は脳梗塞を招き動脈硬化のハイリスク

つい最近に、50歳半ばの釣り仲間が脳出血で倒れて、そのまま帰らぬ人となりました。今頃天国で好きな釣りでもしているのでしょうが、残された家族を見るのがつらいですね。天井が回るような状態のめまいがするといっていました。早めに病院で診てもらう予定だったのが・・・仕事面でもいろりと悩みもあったのでしょう。酒の量がすぎていたように聞きます。50代半ばではちょっと早すぎますね・・・・三大成人病といわれる中でも...
→ 糖尿病は脳梗塞を招き動脈硬化のハイリスクの続きはこちら

メデカルNOW-糖尿病の治療ー1

報知スポーツを購読していますが、その中に糖尿病についての記事がありましたので抜粋しました。通院先でも糖尿病のパンフレットはもらいました。糖尿病って怖いですね~~ 自覚症状があまりないと言うのが・・・・そして数年後に気が付けば重症になっていたなんで、その場で傷めばすぐにでも治療を始めるのですが、痛みもなく、自覚症状がなければ日々の生活におわれてついつい治療を怠ってしまう・・・・で数年後または10~1...
→ メデカルNOW-糖尿病の治療ー1の続きはこちら

メデカルNOW-糖尿病の治療ー1

報知スポーツを購読していますが、その中に糖尿病についての記事がありましたので抜粋しました。通院先でも糖尿病のパンフレットはもらいました。糖尿病って怖いですね~~ 自覚症状があまりないと言うのが・・・・そして数年後に気が付けば重症になっていたなんで、その場で傷めばすぐにでも治療を始めるのですが、痛みもなく、自覚症状がなければ日々の生活におわれてついつい治療を怠ってしまう・・・・で数年後または10~1...
→ メデカルNOW-糖尿病の治療ー1の続きはこちら

辞世の句

4月の末から訃報が続いています。叔父とは数年前まで一緒に釣りに出かけたりしておりましたが最近連絡がと途絶えていたので気にしていたところ突然の訃報にビックリしました。ここ数年体調がすぐれず入退院を繰り返していたと聞きます。 焼香台脇に「辞世の句」が添えられていました。” むら雲の 恨みも欲も消えうせて 今とび立たん 虹の彼方へ ”...
→ 辞世の句の続きはこちら

辞世の句

4月の末から訃報が続いています。叔父とは数年前まで一緒に釣りに出かけたりしておりましたが最近連絡がと途絶えていたので気にしていたところ突然の訃報にビックリしました。ここ数年体調がすぐれず入退院を繰り返していたと聞きます。 焼香台脇に「辞世の句」が添えられていました。” むら雲の 恨みも欲も消えうせて 今とび立たん 虹の彼方へ ”...
→ 辞世の句の続きはこちら

糖尿病では血清脂質の量と質に異常を来たす。

■血清中の脂質の流れトリグリセライドとは、食事を食べたときにその時点では必要としない余分なエネルギーを、空腹状態に備えて蓄えておくためのものです。名前に脂肪とついていますが、食事との関係では、脂肪分よりもむしろ炭水化物(糖分、アルコール)の影響が大きく、炭水化物が体内で変化してトリグリセライドになります。トリグリセライドは肝臓や脂肪組織に蓄積されます。肝臓では「リポ蛋白」という脂肪の運び屋さんを作...
→ 糖尿病では血清脂質の量と質に異常を来たす。の続きはこちら

糖尿病では血清脂質の量と質に異常を来たす。

■血清中の脂質の流れトリグリセライドとは、食事を食べたときにその時点では必要としない余分なエネルギーを、空腹状態に備えて蓄えておくためのものです。名前に脂肪とついていますが、食事との関係では、脂肪分よりもむしろ炭水化物(糖分、アルコール)の影響が大きく、炭水化物が体内で変化してトリグリセライドになります。トリグリセライドは肝臓や脂肪組織に蓄積されます。肝臓では「リポ蛋白」という脂肪の運び屋さんを作...
→ 糖尿病では血清脂質の量と質に異常を来たす。の続きはこちら

糖尿病性血管障害ー2

■高中性脂肪決症(高トリグリセライド血症)●中性脂肪(トリグリセライド)とは、人の生命活動の主要エネルギー源は、糖分と脂肪です。糖分は、食べ物の中の炭水化物を消化して作られ、短時間でエネルギー源として消費されます。しかし、その時点で必要のない糖分は、「中性脂肪(トリグリセライド)にかたちをかえて、体脂肪として貯蓄されます。●糖尿病と中性脂肪の関係糖尿病で血糖値が高くなるのは、糖分の利用効果率が低下し...
→ 糖尿病性血管障害ー2の続きはこちら

糖尿病性血管障害ー2

■高中性脂肪決症(高トリグリセライド血症)●中性脂肪(トリグリセライド)とは、人の生命活動の主要エネルギー源は、糖分と脂肪です。糖分は、食べ物の中の炭水化物を消化して作られ、短時間でエネルギー源として消費されます。しかし、その時点で必要のない糖分は、「中性脂肪(トリグリセライド)にかたちをかえて、体脂肪として貯蓄されます。●糖尿病と中性脂肪の関係糖尿病で血糖値が高くなるのは、糖分の利用効果率が低下し...
→ 糖尿病性血管障害ー2の続きはこちら

糖尿病性血管障害による病気

●腎症ー透析が必要になる原因のトップ腎臓の内部には細い血管が球状に密集していて、糖尿病の治療が不十分な状態が続いていると、その血管の「血管障害」が進みます。それが腎症です。糖尿病合併症まるわかり事典腎症も自覚症状に現れにくいまま進行します。むくみなどの自覚症状に気づくときは、透析治療を考えないといけない時期に近い段階です。毎年1万数千人が糖尿病による腎症のために人工透析を開始していて、透析治療開始...
→ 糖尿病性血管障害による病気の続きはこちら

糖尿病性血管障害による病気

●腎症ー透析が必要になる原因のトップ腎臓の内部には細い血管が球状に密集していて、糖尿病の治療が不十分な状態が続いていると、その血管の「血管障害」が進みます。それが腎症です。糖尿病合併症まるわかり事典腎症も自覚症状に現れにくいまま進行します。むくみなどの自覚症状に気づくときは、透析治療を考えないといけない時期に近い段階です。毎年1万数千人が糖尿病による腎症のために人工透析を開始していて、透析治療開始...
→ 糖尿病性血管障害による病気の続きはこちら

血管は”からだ”のライフライン

人のからだの細胞が必要としている酸素や栄養素は、血液によって送り届けられています。ですから血液の供給路である血管は、いわば”からだのライフライン”。そのライフラインに障害が発生してしまうと、そこから先の細胞が生きていけず、筋肉や臓器などの活動が低下します。昔から「人は血管とともに老いる」といわれてきました。だれでも年とともに血管の老化現象が進行し、からだの機能が衰えていきます。しかし、血管も、実年齢...
→ 血管は”からだ”のライフラインの続きはこちら

血管は”からだ”のライフライン

人のからだの細胞が必要としている酸素や栄養素は、血液によって送り届けられています。ですから血液の供給路である血管は、いわば”からだのライフライン”。そのライフラインに障害が発生してしまうと、そこから先の細胞が生きていけず、筋肉や臓器などの活動が低下します。昔から「人は血管とともに老いる」といわれてきました。だれでも年とともに血管の老化現象が進行し、からだの機能が衰えていきます。しかし、血管も、実年齢...
→ 血管は”からだ”のライフラインの続きはこちら

糖尿病治療のための食事療法

◎ヘルシーポイント■よく噛んで、腹七分目を心がけましょう 早食いは肥満のもと、脳が満腹信号を出す前に食べ過ぎてしまいます 一口30回といわれるようにゆっくり噛んで食べすぎ防止をしましょう。■肉や魚は脂肪をおさえて 肉や魚は、主にタンパク資源ととなりまあすが、脂肪も含まれています。できるだけ低脂肪の素材を選び、調理の前に余分な脂肪や皮は取り除き ましょう。■野菜やキノコ類はたっぷりと 低エネルギーの野菜...
→ 糖尿病治療のための食事療法の続きはこちら

糖尿病治療のための食事療法

◎ヘルシーポイント■よく噛んで、腹七分目を心がけましょう 早食いは肥満のもと、脳が満腹信号を出す前に食べ過ぎてしまいます 一口30回といわれるようにゆっくり噛んで食べすぎ防止をしましょう。■肉や魚は脂肪をおさえて 肉や魚は、主にタンパク資源ととなりまあすが、脂肪も含まれています。できるだけ低脂肪の素材を選び、調理の前に余分な脂肪や皮は取り除き ましょう。■野菜やキノコ類はたっぷりと 低エネルギーの野菜...
→ 糖尿病治療のための食事療法の続きはこちら

動画ー糖尿病は国民病ーー2

糖尿病は国民病といわれるのは?糖尿病が治った本物の方法を?あなたは知りたくありませんか?「糖尿病は治る!」ダイジェスト本...
→ 動画ー糖尿病は国民病ーー2の続きはこちら

動画ー糖尿病は国民病ーー2

糖尿病は国民病といわれるのは?糖尿病が治った本物の方法を?あなたは知りたくありませんか?「糖尿病は治る!」ダイジェスト本...
→ 動画ー糖尿病は国民病ーー2の続きはこちら

動画ー糖尿病は国民病ーー1

この動画をみれば糖尿病の怖さと治療の基本が分る。糖尿病が治った本物の方法を?あなたは知りたくありませんか?「糖尿病は治る!」ダイジェスト本...
→ 動画ー糖尿病は国民病ーー1の続きはこちら

動画ー糖尿病は国民病ーー1

この動画をみれば糖尿病の怖さと治療の基本が分る。糖尿病が治った本物の方法を?あなたは知りたくありませんか?「糖尿病は治る!」ダイジェスト本...
→ 動画ー糖尿病は国民病ーー1の続きはこちら

なぜ、運動療法を・・・

血糖コントロールが安定している場合は、食事療法と共に運動療法を行うと効果的です。運動は、インスリンの働きをよくするほか、エネルギーの消耗を増やし、肥満解消に効果があります。さらに、筋肉を動かすことで、*基礎代謝がたかまり、太りにくい体を作ることが出来ます。おすすめは、ウオーキングなどの有酸素運動です。これは酸素を取り入れながらエネルギーをゆっくり消耗していく運動です。有酸素運動を日常生活に取り入れ...
→ なぜ、運動療法を・・・の続きはこちら

なぜ、運動療法を・・・

血糖コントロールが安定している場合は、食事療法と共に運動療法を行うと効果的です。運動は、インスリンの働きをよくするほか、エネルギーの消耗を増やし、肥満解消に効果があります。さらに、筋肉を動かすことで、*基礎代謝がたかまり、太りにくい体を作ることが出来ます。おすすめは、ウオーキングなどの有酸素運動です。これは酸素を取り入れながらエネルギーをゆっくり消耗していく運動です。有酸素運動を日常生活に取り入れ...
→ なぜ、運動療法を・・・の続きはこちら

糖尿病を改善するには・・・

●食事療法食事療法の最大のポイントは、インスリンを分泌するすい臓への負担を軽くすることです。弱ったすい臓に合わせた量と質の食をとり、血糖値をコントロールしましよう。合併症があらわれると、さらに厳しい食事の制限がひつようになります。症状が軽いからと安心せずに今のうちから食生活の改善を図りましょう。■量の厳守1日に食べてもよい食事量(適正エネルギー摂取)をまもりましょう。毎食、食べた量を概算するのがもっ...
→ 糖尿病を改善するには・・・の続きはこちら

糖尿病を改善するには・・・

●食事療法食事療法の最大のポイントは、インスリンを分泌するすい臓への負担を軽くすることです。弱ったすい臓に合わせた量と質の食をとり、血糖値をコントロールしましよう。合併症があらわれると、さらに厳しい食事の制限がひつようになります。症状が軽いからと安心せずに今のうちから食生活の改善を図りましょう。■量の厳守1日に食べてもよい食事量(適正エネルギー摂取)をまもりましょう。毎食、食べた量を概算するのがもっ...
→ 糖尿病を改善するには・・・の続きはこちら

インスリンはどうして働かなくなる?

インスリンが働かないというとき、主に2つの理由が考えられます。一つは、すい臓からのインスリンの分泌量が不足、もしくは欠乏する場合です。もう一つはインスリンの分泌量は足りているけれど、体がインスリンをうまく利用できず、インスリンの効きが悪くなる場合です。(この状態を「インスリン抵抗性」がある状態といいます。)いずれも糖尿病に陥ると、インスリンを分泌するすい臓に負担を掛けることになります。現在、糖尿病...
→ インスリンはどうして働かなくなる?の続きはこちら

インスリンはどうして働かなくなる?

インスリンが働かないというとき、主に2つの理由が考えられます。一つは、すい臓からのインスリンの分泌量が不足、もしくは欠乏する場合です。もう一つはインスリンの分泌量は足りているけれど、体がインスリンをうまく利用できず、インスリンの効きが悪くなる場合です。(この状態を「インスリン抵抗性」がある状態といいます。)いずれも糖尿病に陥ると、インスリンを分泌するすい臓に負担を掛けることになります。現在、糖尿病...
→ インスリンはどうして働かなくなる?の続きはこちら

血糖値はどうして上がる

食事でとった炭水化物は、消化されるとブドウ糖(糖)に変わり、血液中に入り込みます。糖は体を動かす大切なエネルギー源ですが、細胞の中に送り込まれ代謝されて始めて役立てられます。この過程でなくてはならないのがインスリンです。健康な方は、糖の処理に見合うだけのインスリンがすい臓から分泌され、糖を細胞に送り込むことができます。しかし、糖尿病の方はインスリンの分泌量、あるいは働きが十分でないため、糖が細胞に...
→ 血糖値はどうして上がるの続きはこちら

血糖値はどうして上がる

食事でとった炭水化物は、消化されるとブドウ糖(糖)に変わり、血液中に入り込みます。糖は体を動かす大切なエネルギー源ですが、細胞の中に送り込まれ代謝されて始めて役立てられます。この過程でなくてはならないのがインスリンです。健康な方は、糖の処理に見合うだけのインスリンがすい臓から分泌され、糖を細胞に送り込むことができます。しかし、糖尿病の方はインスリンの分泌量、あるいは働きが十分でないため、糖が細胞に...
→ 血糖値はどうして上がるの続きはこちら

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。