スポンサーサイト


→ スポンサーサイトの続きはこちら

メタボと肥満は違います。

肥満だとメタボリックシンドローム(メタボ)と決め付けられたように思われますが、メタボリックシンドローム(メタボ)と肥満(ちょっと言葉がわるいが。。デブ)とは違います。正確にはメタボとデブは違うということです。肥満(デブ)がメタボリックシンドローム(メタボ)ならお相撲さんは皆メタボリックシンドローム(メタボ)になりますね。メタボ軍団ということになりますが。。。●肥満とは太りすぎのことを言い、一般にBMI...
→ メタボと肥満は違います。の続きはこちら

メタボと肥満は違います。

肥満だとメタボリックシンドローム(メタボ)と決め付けられたように思われますが、メタボリックシンドローム(メタボ)と肥満(ちょっと言葉がわるいが。。デブ)とは違います。正確にはメタボとデブは違うということです。肥満(デブ)がメタボリックシンドローム(メタボ)ならお相撲さんは皆メタボリックシンドローム(メタボ)になりますね。メタボ軍団ということになりますが。。。●肥満とは太りすぎのことを言い、一般にBMI...
→ メタボと肥満は違います。の続きはこちら

メタボリックシンドローム解消のはずのウォーキングが?・・

最近とくに耳にするのがメタボリックシンドロームですが、メタボリックは「代謝」、シンドロームは「症候群」という意味です。メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症のことで、単に内臓脂肪が多い状態というだけでなく、高血圧、高血糖、高脂血症などの生活習慣病を発症している状態を指します。メタボリックシンドロームに陥ると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす元になり、実際に体脂肪率が高めの人は気を付けなければ...
→ メタボリックシンドローム解消のはずのウォーキングが?・・の続きはこちら

メタボリックシンドローム解消のはずのウォーキングが?・・

最近とくに耳にするのがメタボリックシンドロームですが、メタボリックは「代謝」、シンドロームは「症候群」という意味です。メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症のことで、単に内臓脂肪が多い状態というだけでなく、高血圧、高血糖、高脂血症などの生活習慣病を発症している状態を指します。メタボリックシンドロームに陥ると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす元になり、実際に体脂肪率が高めの人は気を付けなければ...
→ メタボリックシンドローム解消のはずのウォーキングが?・・の続きはこちら

脳卒中を予防するなめの十か条ーメタボリックシンドロームの診断

内臓脂肪の蓄積は、ウェスト周囲を測ることでおおまかに知ることができます。ウエスト周囲径が男性で85cm以上、女性で90cm以上の方は、腹部肥満と診断されメタボリックシンドロームが疑われます。それに加えて「脂質異常」「高血圧」「高血糖」のうち、少なくとも2項目に当てはまれば、メタボリックシンドロームと診断されます。これらは一般の異常基準よりも厳しい基準値になっています。  ★ メタボリックシンドロー...
→ 脳卒中を予防するなめの十か条ーメタボリックシンドロームの診断の続きはこちら

脳卒中を予防するなめの十か条ーメタボリックシンドロームの診断

内臓脂肪の蓄積は、ウェスト周囲を測ることでおおまかに知ることができます。ウエスト周囲径が男性で85cm以上、女性で90cm以上の方は、腹部肥満と診断されメタボリックシンドロームが疑われます。それに加えて「脂質異常」「高血圧」「高血糖」のうち、少なくとも2項目に当てはまれば、メタボリックシンドロームと診断されます。これらは一般の異常基準よりも厳しい基準値になっています。  ★ メタボリックシンドロー...
→ 脳卒中を予防するなめの十か条ーメタボリックシンドロームの診断の続きはこちら

メタボリックシンドロームの治療の基本は、生活習慣の改善から

メタボリックシンドロームの治療は、まず第一にすべての病態の基本となる肥満、特に内臓脂肪を減少させることが大切です。内臓肥満は皮下脂肪に比べて、体重を減らせば減少していきます。基本は食事と運動の二本柱です。下記の要件をまもればメタボリックシンドロームも解消できるのでしょうが・・・・● 食生活の改善  食生活を改善する場合、まず基本ルールを守ることが大切です。  こられを実行するだけでもかなり肥満の解...
→ メタボリックシンドロームの治療の基本は、生活習慣の改善からの続きはこちら

メタボリックシンドロームの治療の基本は、生活習慣の改善から

メタボリックシンドロームの治療は、まず第一にすべての病態の基本となる肥満、特に内臓脂肪を減少させることが大切です。内臓肥満は皮下脂肪に比べて、体重を減らせば減少していきます。基本は食事と運動の二本柱です。下記の要件をまもればメタボリックシンドロームも解消できるのでしょうが・・・・● 食生活の改善  食生活を改善する場合、まず基本ルールを守ることが大切です。  こられを実行するだけでもかなり肥満の解...
→ メタボリックシンドロームの治療の基本は、生活習慣の改善からの続きはこちら

メタボリックシンドローム解消の有酸素運動

メタボリックシンドローム解消のおすすめ有酸素運動を始めましょう。有酸素運動とは、筋肉に酸素を十分に送り込みながら全身を使って行う運動のことです。やや汗ばむ程度で人と会話しながら続けられる強さで行いましょう。有酸素運動の効果を得るために、少なくとも1回20分以上、週3~5回の運動を目出しましょう。○ おすすめの有酸素運動・ ウォーキング :1日1万歩が理想・・・徐々に増やして1万歩に近づけましょう。...
→ メタボリックシンドローム解消の有酸素運動の続きはこちら

メタボリックシンドローム解消の有酸素運動

メタボリックシンドローム解消のおすすめ有酸素運動を始めましょう。有酸素運動とは、筋肉に酸素を十分に送り込みながら全身を使って行う運動のことです。やや汗ばむ程度で人と会話しながら続けられる強さで行いましょう。有酸素運動の効果を得るために、少なくとも1回20分以上、週3~5回の運動を目出しましょう。○ おすすめの有酸素運動・ ウォーキング :1日1万歩が理想・・・徐々に増やして1万歩に近づけましょう。...
→ メタボリックシンドローム解消の有酸素運動の続きはこちら

生活習慣病の運動療法とメタボリックシンドローム

飲みすぎ、食べすぎやストレスなど、主に生活の乱れからおこる病気が生活習慣病です。食生活の乱れが心臓病発生に影響します。心筋梗塞などの冠動脈疾患の発生率は、アメリカ人が日本人よりも5倍も多いことが知られています。その原因の一つとして、食生活の違いが指摘されています。両国民の平均的な食生活を比較しますと、アメリカ人は1日の摂取エネルギー量が約3,500Kcalで日本人の約2,000Kcalよりもはるかに多く、しかも摂取...
→ 生活習慣病の運動療法とメタボリックシンドロームの続きはこちら

生活習慣病の運動療法とメタボリックシンドローム

飲みすぎ、食べすぎやストレスなど、主に生活の乱れからおこる病気が生活習慣病です。食生活の乱れが心臓病発生に影響します。心筋梗塞などの冠動脈疾患の発生率は、アメリカ人が日本人よりも5倍も多いことが知られています。その原因の一つとして、食生活の違いが指摘されています。両国民の平均的な食生活を比較しますと、アメリカ人は1日の摂取エネルギー量が約3,500Kcalで日本人の約2,000Kcalよりもはるかに多く、しかも摂取...
→ 生活習慣病の運動療法とメタボリックシンドロームの続きはこちら

メタボリックシンドロームの診断基準と予防

メタボリックシンドロームの定義と診断基準 2005年4月に日本内科学会合同委員会において、メタボリックシンドロームの概念と診断基準が示されました。その概念とは以下のように述べられています。① インスリン抵抗性・動脈硬化惹起性リポ蛋白異常・血圧高値を個人に合併する心血管病易発症状態で ある ② 偶然にリスクが集まったのではなく、上流に共通の発症基盤が存在する疾病単位である。したがって単なるマルチプルリスクファク...
→ メタボリックシンドロームの診断基準と予防の続きはこちら

メタボリックシンドロームの診断基準と予防

メタボリックシンドロームの定義と診断基準 2005年4月に日本内科学会合同委員会において、メタボリックシンドロームの概念と診断基準が示されました。その概念とは以下のように述べられています。① インスリン抵抗性・動脈硬化惹起性リポ蛋白異常・血圧高値を個人に合併する心血管病易発症状態で ある ② 偶然にリスクが集まったのではなく、上流に共通の発症基盤が存在する疾病単位である。したがって単なるマルチプルリスクファク...
→ メタボリックシンドロームの診断基準と予防の続きはこちら

メタボリックシンドローム予防、基準、キーワードは?

◆ メタボリックシンドロームのキーワードは?脂質代謝異常・糖代謝異常・血圧異常これまでの研究で、1人の人が複数の危険因子をあわせ持っているケースが多く、このような場合には1つ1つが軽い異常でも、それらが重なると動脈硬化のリスクがきわめて高くなることが分ってきます。そして最近では、脂質代謝異常・糖代謝異常・血圧異常をあわせ持っている場合には特にリスクが高まることが明らかになりました。このようなリスクの...
→ メタボリックシンドローム予防、基準、キーワードは?の続きはこちら

メタボリックシンドローム予防、基準、キーワードは?

◆ メタボリックシンドロームのキーワードは?脂質代謝異常・糖代謝異常・血圧異常これまでの研究で、1人の人が複数の危険因子をあわせ持っているケースが多く、このような場合には1つ1つが軽い異常でも、それらが重なると動脈硬化のリスクがきわめて高くなることが分ってきます。そして最近では、脂質代謝異常・糖代謝異常・血圧異常をあわせ持っている場合には特にリスクが高まることが明らかになりました。このようなリスクの...
→ メタボリックシンドローム予防、基準、キーワードは?の続きはこちら

メタボリックシンドロームの原因は生活習慣病

●食生活が心臓病発生に影響心筋梗塞などの冠動脈疾患の発生率は、アメリカ人が日本人よりも5倍も多いことが知られています。その原因の一つとして、食生活の違いが指摘されています。両国民の平均的な食生活を比較しますと、アメリカ人は1日の摂取エネルギー量が約3,500Kcalで日本人の約2,000Kcalよりもはるかに多く、しかも摂取エネルギーのうちで脂質を占める割合が高いのです。その点、日本人は昔から魚や豆類を好んで食べて...
→ メタボリックシンドロームの原因は生活習慣病の続きはこちら

メタボリックシンドロームの原因は生活習慣病

●食生活が心臓病発生に影響心筋梗塞などの冠動脈疾患の発生率は、アメリカ人が日本人よりも5倍も多いことが知られています。その原因の一つとして、食生活の違いが指摘されています。両国民の平均的な食生活を比較しますと、アメリカ人は1日の摂取エネルギー量が約3,500Kcalで日本人の約2,000Kcalよりもはるかに多く、しかも摂取エネルギーのうちで脂質を占める割合が高いのです。その点、日本人は昔から魚や豆類を好んで食べて...
→ メタボリックシンドロームの原因は生活習慣病の続きはこちら

メタボリックシンドロームの原因の一つに喫煙

メタボリックシンドロームは生活習慣病ーーというテーマの冊子から引用してますが、メタボリックシンドロームの冊子にかがわらず、血管、血液、心臓等の冊子にはたびたび煙草との関係の記事が出てきます。やはり煙草は身体に良くないということですね。禁煙のホームページ禁煙ーええやんかー雑記帳も展開しておりますが、そのとき、いろいろと調べ物をしていると逆に血管、心臓病に関連したことがでてきます。自分自身の禁断症状に...
→ メタボリックシンドロームの原因の一つに喫煙の続きはこちら

メタボリックシンドロームの原因の一つに喫煙

メタボリックシンドロームは生活習慣病ーーというテーマの冊子から引用してますが、メタボリックシンドロームの冊子にかがわらず、血管、血液、心臓等の冊子にはたびたび煙草との関係の記事が出てきます。やはり煙草は身体に良くないということですね。禁煙のホームページ禁煙ーええやんかー雑記帳も展開しておりますが、そのとき、いろいろと調べ物をしていると逆に血管、心臓病に関連したことがでてきます。自分自身の禁断症状に...
→ メタボリックシンドロームの原因の一つに喫煙の続きはこちら

メタボリックシンドロームの予防には運動が効果的

●運動はメタボリックシンドロームによい治療法であることがよく知られています。たとえば、中性脂肪(トルグリセライド)値の高い人は、運動することによってその値が下がり、善玉コレステロールといわれるHDLコレステロールが増えて、動脈硬化のリスクが低くなることが知れれています。運動療法を効果的に行うには、まず医師のチャックを受けること、そして自分の体力に見合った運動メニューを決めて週に3~4回のペースで継続す...
→ メタボリックシンドロームの予防には運動が効果的の続きはこちら

メタボリックシンドロームの予防には運動が効果的

●運動はメタボリックシンドロームによい治療法であることがよく知られています。たとえば、中性脂肪(トルグリセライド)値の高い人は、運動することによってその値が下がり、善玉コレステロールといわれるHDLコレステロールが増えて、動脈硬化のリスクが低くなることが知れれています。運動療法を効果的に行うには、まず医師のチャックを受けること、そして自分の体力に見合った運動メニューを決めて週に3~4回のペースで継続す...
→ メタボリックシンドロームの予防には運動が効果的の続きはこちら

メタボリックシンドロームの基準と予防と原因

過食・ストレス・運動不足なぞの生活習慣の乱れから内臓に脂肪がたまるタイプすなわち「内臓脂肪型肥満」が注目を集めています。「内臓脂肪型肥満」の方では、血圧、中性脂肪、血糖値なぞの検査値が、正常値よりやや高めでも、これらのやや高めが重なりあうことにより、動脈硬化の危険性が非常に高くなることがわかってきました。このような状態を「メタボリックシンドロームと呼んでいます。「メタボリックシンドローム」を長期間...
→ メタボリックシンドロームの基準と予防と原因の続きはこちら

メタボリックシンドロームの基準と予防と原因

過食・ストレス・運動不足なぞの生活習慣の乱れから内臓に脂肪がたまるタイプすなわち「内臓脂肪型肥満」が注目を集めています。「内臓脂肪型肥満」の方では、血圧、中性脂肪、血糖値なぞの検査値が、正常値よりやや高めでも、これらのやや高めが重なりあうことにより、動脈硬化の危険性が非常に高くなることがわかってきました。このような状態を「メタボリックシンドロームと呼んでいます。「メタボリックシンドローム」を長期間...
→ メタボリックシンドロームの基準と予防と原因の続きはこちら

メタボリックシンドローム予備軍は高血圧患者

メタボリックシンドロームを伴う高血圧患者さんの薬物治療について食事療法や運動療法に努めても、高血圧。糖尿病、高脂血症が改善されない場合は、薬物治療が行われます。薬物治療は効果的にその症状を改善することができますが、薬物治療の期間中も生活習慣の改善を継続することが、より治療効果を高める上で重要です。また薬物療法を開始したら定期的に検査を受け、ぶり返しを防ぐためにも事故判断で服用を中止しないようにしま...
→ メタボリックシンドローム予備軍は高血圧患者の続きはこちら

メタボリックシンドローム予備軍は高血圧患者

メタボリックシンドロームを伴う高血圧患者さんの薬物治療について食事療法や運動療法に努めても、高血圧。糖尿病、高脂血症が改善されない場合は、薬物治療が行われます。薬物治療は効果的にその症状を改善することができますが、薬物治療の期間中も生活習慣の改善を継続することが、より治療効果を高める上で重要です。また薬物療法を開始したら定期的に検査を受け、ぶり返しを防ぐためにも事故判断で服用を中止しないようにしま...
→ メタボリックシンドローム予備軍は高血圧患者の続きはこちら

メタボリックシンドロームの基準・原因・予防

・トリグリセライドはあの手この手を使って動脈硬化の進展に拍車をかけるこれまではLDLコレステロール値が高い場合に動脈硬化が著しく促進されることが明らかになっていたため、コレステロールを下げる重要性が注目されてきました。しかし最近トリグリセライドの値が高い場合には、内臓脂肪から分泌されるさまざまな生活性物質の分泌状況が変化して糖尿病、高血圧を合併しやすくなったり、血栓ができやすくなるなど、多くの側面で...
→ メタボリックシンドロームの基準・原因・予防の続きはこちら

メタボリックシンドロームの基準・原因・予防

・トリグリセライドはあの手この手を使って動脈硬化の進展に拍車をかけるこれまではLDLコレステロール値が高い場合に動脈硬化が著しく促進されることが明らかになっていたため、コレステロールを下げる重要性が注目されてきました。しかし最近トリグリセライドの値が高い場合には、内臓脂肪から分泌されるさまざまな生活性物質の分泌状況が変化して糖尿病、高血圧を合併しやすくなったり、血栓ができやすくなるなど、多くの側面で...
→ メタボリックシンドロームの基準・原因・予防の続きはこちら

メタボリックシンドローム

日本国内の高血圧患者数は、年々増加して、国民の3~4人に1人と言われています。最近の医学ではこの高血圧の原因の一つとして内臓脂肪の蓄積が関与していることがわかってきました。また内臓脂肪の蓄積は、高血圧以外の生活習慣病の原因にもなっており、それらが重なることで、心臓などの重大な疾患が引き起こされることも確認されています。体脂肪の蓄積には2タイプあります。肥満につながる体脂肪の蓄積には、皮膚の下にたま...
→ メタボリックシンドロームの続きはこちら

メタボリックシンドローム

日本国内の高血圧患者数は、年々増加して、国民の3~4人に1人と言われています。最近の医学ではこの高血圧の原因の一つとして内臓脂肪の蓄積が関与していることがわかってきました。また内臓脂肪の蓄積は、高血圧以外の生活習慣病の原因にもなっており、それらが重なることで、心臓などの重大な疾患が引き起こされることも確認されています。体脂肪の蓄積には2タイプあります。肥満につながる体脂肪の蓄積には、皮膚の下にたま...
→ メタボリックシンドロームの続きはこちら

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。