スポンサーサイト

狭心症の日常生活の注意点

狭心症での日常生活の注意点とその後の経過と運動日常生活中の動作(運動)は、有酸素運動と無酸素運動の2つの種類に大きく分けられます。有酸素運動とは、身体の筋肉をリズミカルに動かす運動、例えば歩く、走る、泳ぐなどです。いつも夕方に約30分のウォーキングをしてからもう数年が立ちます。でもでもこれからはウォーキングから帰れば汗をかきついついビールに手が伸びますが、はたして良いのか悪いのか??・・先生からは...

狭心症の日常生活の注意点

狭心症での日常生活の注意点とその後の経過と運動日常生活中の動作(運動)は、有酸素運動と無酸素運動の2つの種類に大きく分けられます。有酸素運動とは、身体の筋肉をリズミカルに動かす運動、例えば歩く、走る、泳ぐなどです。いつも夕方に約30分のウォーキングをしてからもう数年が立ちます。でもでもこれからはウォーキングから帰れば汗をかきついついビールに手が伸びますが、はたして良いのか悪いのか??・・先生からは...

狭心症の薬物療法にはどんな薬があるか。。

狭心症の治療に使われる薬には、屯用薬と発作予防の薬があります。屯用薬は、発作が起きたときに使うもので、ニトログリセリンが代表薬です。発作予防には、心臓の血管を広げる薬や、血液を下げたり心拍数を減らして、心筋の酸素需要を減らす薬が使われます。・硝酸薬ニトログリセリンがその代表で、屯用薬と発作予防の薬です。患者さんの状態や用途に応じてさまざまな種類があります。屯用薬としては舌下錠やスプレー剤、発作予防...

狭心症の薬物療法にはどんな薬があるか。。

狭心症の治療に使われる薬には、屯用薬と発作予防の薬があります。屯用薬は、発作が起きたときに使うもので、ニトログリセリンが代表薬です。発作予防には、心臓の血管を広げる薬や、血液を下げたり心拍数を減らして、心筋の酸素需要を減らす薬が使われます。・硝酸薬ニトログリセリンがその代表で、屯用薬と発作予防の薬です。患者さんの状態や用途に応じてさまざまな種類があります。屯用薬としては舌下錠やスプレー剤、発作予防...

狭心症の治療ー冠動脈バイパス術(CABG)

最初の発作から開業医で受信、その後、市民病院を紹介してもらって、受診日当日に「ステント留置術」を受けて入院しました。入院期間は1週間程度ですみました。が、六ケ月検診では初回のステント留置した箇所の直前において再狭窄が起きていました。その箇所は冠動脈から枝葉に分かれる血管の分疑点に非常に近く、再度のステント留置が難しい箇所に再狭窄が起きていました。。。。?そこでステント留置術かバイパス手術をするかが...

狭心症の治療ー冠動脈バイパス術(CABG)

最初の発作から開業医で受信、その後、市民病院を紹介してもらって、受診日当日に「ステント留置術」を受けて入院しました。入院期間は1週間程度ですみました。が、六ケ月検診では初回のステント留置した箇所の直前において再狭窄が起きていました。その箇所は冠動脈から枝葉に分かれる血管の分疑点に非常に近く、再度のステント留置が難しい箇所に再狭窄が起きていました。。。。?そこでステント留置術かバイパス手術をするかが...

狭心症の治療法ーステント留置術

狭心症の治療法には(1)PCI(経皮的冠動脈インターベンション)、(2)CABK(冠動脈バイパス術)、(3)薬物治療の三つがあります。(1)PCI(経皮的冠動脈インターベンション)とは?太ももの付け根やひじ・手首の動脈からカテーテルという細い管を心臓の血管まで通し、血管を広げる手術のことです。バルーン形成術とステント留置術の二つがありますが、最近ではほとんどの場合、ステント留置術を行います。・バル...
  • コメント : -
  • トラックバック : -

狭心症の治療法ーステント留置術

狭心症の治療法には(1)PCI(経皮的冠動脈インターベンション)、(2)CABK(冠動脈バイパス術)、(3)薬物治療の三つがあります。(1)PCI(経皮的冠動脈インターベンション)とは?太ももの付け根やひじ・手首の動脈からカテーテルという細い管を心臓の血管まで通し、血管を広げる手術のことです。バルーン形成術とステント留置術の二つがありますが、最近ではほとんどの場合、ステント留置術を行います。・バル...
  • コメント : -
  • トラックバック : -

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。