スポンサーサイト

胃内視鏡検査(胃カメラ)は苦しくつらい

胃内視鏡検査(胃カメラ)は、正式には「上部消化管内視鏡」と言い、咽頭から食道、胃、十二指腸下行脚までの範囲を観察します。(1)苦しくなく (2)正確で (3)安全な 胃内視鏡検査といわれますが、毎年ゲーゲーいいながら涙を流しての検査です。(笑)出来るだけ ”腹式呼吸をして 楽にして下さい”といわれるのですが。。。。喉に一度詰まると異物を感じて喉が締め付けられて。。後はゲーゲー言いながら涙を流しながら耐えに耐え...

胃内視鏡検査(胃カメラ)は苦しくつらい

胃内視鏡検査(胃カメラ)は、正式には「上部消化管内視鏡」と言い、咽頭から食道、胃、十二指腸下行脚までの範囲を観察します。(1)苦しくなく (2)正確で (3)安全な 胃内視鏡検査といわれますが、毎年ゲーゲーいいながら涙を流しての検査です。(笑)出来るだけ ”腹式呼吸をして 楽にして下さい”といわれるのですが。。。。喉に一度詰まると異物を感じて喉が締め付けられて。。後はゲーゲー言いながら涙を流しながら耐えに耐え...

ニトログリセリンの正しい使い方

狭心症の手術後も、いまだにニトログリセリンをいつも携帯しておりますが、その後は使ったことはないのですが、いざというときの為に改めてニトログリセリンの使い方を確認しておきたいと思います。ニトログリセリンは狭心症発作をおさえる薬です。舌の下に入れて溶かすと、すぐに効果が出てきます。心臓の血管を拡げるとともに、全身の血管も拡げて血圧を下げることが狭心症に効く理由です。正しい使い方を知っていることが重要で...

ニトログリセリンの正しい使い方

狭心症の手術後も、いまだにニトログリセリンをいつも携帯しておりますが、その後は使ったことはないのですが、いざというときの為に改めてニトログリセリンの使い方を確認しておきたいと思います。ニトログリセリンは狭心症発作をおさえる薬です。舌の下に入れて溶かすと、すぐに効果が出てきます。心臓の血管を拡げるとともに、全身の血管も拡げて血圧を下げることが狭心症に効く理由です。正しい使い方を知っていることが重要で...

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。