スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報サイトトップ >保険病気 >>ほっておくと大変なことになりますよ

ほっておくと大変なことになりますよ

 肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病は動脈硬化(血管障害)を進め心臓病・脳卒中につながる病気です。

肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病は血管に障害を起こし、動脈硬化を早める病気です。治療せずにそのままにしておくと、心臓病や脳卒中を引き起こす危険性が高まります。

生命をおびやかす可能性のある病気なのに、軽症の場合は自覚症状がほとんどありません。気がついたときには動脈硬化がかなり進み、取り返しのつかないことになりかねません。



肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病は互いに深く関わりのある病気なので、いくつも合併していることが非常に多いのが特徴です。

ひとつひとつの病気はいずれも軽症であっても、それらが合併していると互いの病気に悪影響を及ぼしあい、さらに症状が悪化していきます。

合併している場合は、合併していない場合にくらべ、動脈硬化が急速に進み、心臓病や脳卒中にいたる危険性もさらに高まります。軽症でも油断せずに治療して行きましょう。合併している場合は特に細心の注意が必要です。
(監修:順天堂大学医学部 内科学教授 河盛隆造先生ーー生活習慣病・事故管理帳より抜粋)





検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。