スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報サイトトップ >メタボリックシンドローム >>メタボリックシンドロームの診断基準と予防

メタボリックシンドロームの診断基準と予防

メタボリックシンドロームの定義と診断基準

2005年4月に日本内科学会合同委員会において、メタボリックシンドロームの概念と診断基準が示されました。その概念とは以下のように述べられています。


① インスリン抵抗性・動脈硬化惹起性リポ蛋白異常・血圧高値を個人に合併する心血管病易発症状態で ある
② 偶然にリスクが集まったのではなく、上流に共通の発症基盤が存在する疾病単位である。したがって単なるマルチプルリスクファクター症候群と同じではない
③ その共通の基盤として内臓脂肪蓄積が存在する
④ 代謝異常のみを基盤としているわけではない(したがって後天的異常のみではなく遺伝的背景も考慮される)


前述の複数の異常について、日本はその下地として「内臓脂肪蓄積」が存在すると定義したところに大きな特徴があります。逆にいえば内臓脂肪、すなわち腹腔内に蓄積した脂肪を減らすことができれば改善が期待できる状態ということになります。

そしてその診断基準とは必須項目と追加項目からなり、必須項目は内臓脂肪蓄積を反映しかつ簡易に測定できる「ウエスト径」が取り入れられています。

I. 腹囲(おへその高さではかる)が、男性85センチ以上、女性90センチ以上である
※ズボンやスカートのウエスト位置ではなくて、おへその高さになります

II. I.に加えて、次のうち2つ以上あてはまる
1. 高脂血症 中性脂肪が150mg/dl以上、またはHDLコレステロールが40mg/dl以下
2. 高血圧 最大血圧が130mmHg以上、または最小血圧が85mmHg以上
3. 糖尿病 空腹時血糖値が110mg/dl以上





検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。