スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報サイトトップ >保険病気 >>生活習慣病のメタボリックシンドロームで運動療法に適さない人

生活習慣病のメタボリックシンドロームで運動療法に適さない人

生活習慣病メタボリックシンドロームで運動療法に適さない人とは?

運動療法でも間違うと逆効果になってしまう場合もありますので、医師の指示のもとで実施するのが賢明でしょう。
では運動療法に適さない人とはどのような立場の人なんでしょうか?

○ 重症な高血圧である ⇒ 運動療法が負担になり、脳卒中を起こす危険性があります。

○ 眼底出血がある ⇒ 症状を悪化させるおそれがあります。

○ 高血圧で心臓肥大を指摘された ⇒ 運動により心臓への負担が大きくなりすぎることがあります。

○ むくみがあり ⇒ 心不全を起こしやすいとされています。

○ 冠動脈の異常を指摘されている ⇒ 狭心症や心筋梗塞を起こすおそれがあります。

○ 腎臓機能がよわり、尿蛋白が多い ⇒ 運動により心臓への負担が大きくなりすぎることがあります。

運動療法を行う場合はムリをせずまた医師に相談して行いましょう




 安心して運動療法を行うためには

運動前のウオーミングアップや、運動後のクールダウンに、軽い体操やストレッチを行うことによって思わぬケガを防ぎます。


無理をしないこと、苦しさを感じるような運動はやりすぎです。やや息が弾む程度を目安にしましょう。
体調や環境が悪いときにはお休みしましょう。1日休んでも効果は持続します。
早朝、深夜は避けましょう。身体のリズムを狂わせる元になります。




検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。