FC2ブログ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報サイトトップ >保険病気 >>狭心症の治療ー冠動脈バイパス術(CABG)

狭心症の治療ー冠動脈バイパス術(CABG)

最初の発作から開業医で受信、その後、市民病院を紹介してもらって、受診日当日に「ステント留置術」を受けて入院しました。
入院期間は1週間程度ですみました。が、六ケ月検診では初回のステント留置した箇所の直前において再狭窄が起きていました。


その箇所は冠動脈から枝葉に分かれる血管の分疑点に非常に近く、再度のステント留置が難しい箇所に再狭窄が起きていました。。。。?そこでステント留置術かバイパス手術をするかが検討されました。


最終的な主治医の判断は、前回、留置したステント内側に一部重ねて再度ステント留置の治療をすることに決まりました。

関連ワード:関連ワード:病気 コラム ダイエット 三大成人病 生活習慣病 血圧 口コミ 糖尿病 健康診断 メタボリックシンドローム





検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。