FC2ブログ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭心症で車の運転と旅行

車の運転は、精神的なストレスです。混雑した道路や高速道路での運転は精神的な緊張を招きやすく、狭心症発作が起こることがあります。


車社会の米国では心臓発作が原因の事故が多いと報告されています。たかが車の運転と安易に考えずに注意しましょう。


旅行することはいっこうに構わないのですが、重い荷物を持つ場合、階段や飛行のタラップを上る場合など、狭心症発作がおきやすい状況は沢山あります。処方されている薬を忘れないようにしましょう。


とはいうものの、手術後の3~4年は、海外旅行また海外の出張などはとても出来ませんでした。また国内ですら泊りでの出張は控えました。



友人たちにも聞いてみましたが同じ環境におかれて友人も以後海外出張は代わって貰っていたと言ってました。また、外出時はいつもニトログリセリンを財布とか洋服のポケットなど最低2箇所ほどに入れてました。また家庭においては数箇所にニトログリセリンをおいていました。



医師からは心配なないだろうといわれていましたが、狭心症の人はやはり発作の怖さをしっていますのでやはりニトログリセリンは離せないですね。

関連ワード:三大成人病 生活習慣病 高血圧 糖尿病 健康 病気 メタボリックシンドローム ダイエット コラム カテーテル検査

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。