FC2ブログ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報サイトトップ >保険病気 >>狭心症の治療中で食事と酒とたばこは?

狭心症の治療中で食事と酒とたばこは?

狭心症の手術後はいまだに通院治療中で4種類の投薬と寝るときにニトロダームという貼り薬を指定の箇所に張って休んでいます。
一度先生に「何時までこの薬を飲むのですか?」と聞いたことがあります。
先生は:一生飲まなければいけないしこのまま治療を続けなければいけません。との事



狭心症手術後に注意されていることは「どんなことがあっても喫煙はいけません。タバコは禁煙してください」
同時に適度な運動を進めます。
ということで夕方に30分程度のウォーキングをしていますが、この暑さではついついウォーキングをさぼりがちです。またビールの量が増えてしまします。



たばこの害については
たばこに含まれる、ニコチンや種々の発がん性物質・一酸化炭素は動脈硬化を促進します。また喫煙によってカテコラミンというホルモンが分泌されますが、これも動脈硬化を促進します。
たばこは血管を萎縮させますので、狭心症の場合はたとえ本数が少なくとも吸ってはいけません。と退院時に注意されました。


関連ワード:病気 コラム ダイエット 三大成人病 生活習慣病 血圧 口コミ 糖尿病 健康診断 メタボリックシンドローム





検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。