スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報サイトトップ >病気シグナル >>胃内視鏡検査(胃カメラ)は苦しくつらい

胃内視鏡検査(胃カメラ)は苦しくつらい

胃内視鏡検査(胃カメラ)は、正式には「上部消化管内視鏡」と言い、咽頭から食道、胃、十二指腸下行脚までの範囲を観察します。

(1)苦しくなく (2)正確で (3)安全な 胃内視鏡検査といわれますが、毎年ゲーゲーいいながら涙を流しての検査です。(笑)



出来るだけ ”腹式呼吸をして 楽にして下さい”といわれるのですが。。。。喉に一度詰まると異物を感じて喉が締め付けられて。。後はゲーゲー言いながら涙を流しながら耐えに耐えています。
そんな検査日を予約して帰ってきました。



先生:つぎは胃内視鏡検査(胃カメラ)をしようか? 
私:もうそんな時期になりますか?
先生:前の検査から一年たっているから次は胃内視鏡検査(胃カメラ)だから・・・・
といわれてまたあの苦しい検査かと憂鬱になります。



これを読んで置くようにと渡された冊子「内視鏡検査をしようと言われたのですが」にも苦しくない安全な検査だと書かれていますが、私はいつも大変な思いで検査を受けています。

関連ワード:三大成人病 生活習慣病 高血圧 糖尿病 健康 病気 メタボリックシンドローム
ダイエット コラム カテーテル検査





検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。