FC2ブログ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報サイトトップ >健康病気 >>悪玉コレステロールが増えるとどうなる?

悪玉コレステロールが増えるとどうなる?

コレステロールがなければ人間は体を維持することができません。
コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールが存在すると言うことはご存知だと思いますが・・・。


善玉コレステロールと悪玉コレステロール、両方が存在するからこそ人体はその機能を維持できるのです。


ところがLDL(悪玉)と呼ばれるコレステロールは増えすぎると血管の壁に必要以上にコレステロールがたまって、血管の動脈硬化を進行させてしまうことになるのです。

コレストン84cp~コレステロールを下げるお薬です【第3類医薬品】

LDL(悪玉)コレステロールが増えると動脈硬化にコレステロールや中性脂肪はバランスよく血液中に存在している状態では、身体にとって重要な役割を果たします。



ところがそのバランスがくずれると、大変なことが起きてきます。特に悪玉と呼ばれるLDLコレステロールは、増えすぎると、血管壁に入り込んでしまいます。
血管壁の中ではLDLは酸化されて「酸化LDL」となります。
実はこれが「悪玉」の正体です。




人体の機能を維持するのに必要な栄養の1つに脂質があります。

脂質は人体の様々な部分に使われ、例えばエネルギー源としても使われますし、ホルモン・細胞膜・血液の材料にもなり、ビタミンの働きを助けたりもしてくれます。

コレストン84cp~コレステロールを下げるお薬です【第3類医薬品】


これらを全身に運ぶのが悪玉コレステロールで、余分な悪玉コレステロールを回収するのが善玉コレステロールです。重要なのはその割合で、善玉コレステロールを多く、悪玉コレステロールを少ない状態で維持できれば良いのです。


関連ワード:三大成人病 生活習慣病 高血圧 糖尿病 健康 病気 メタボリックシンドローム ダイエット

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。