スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報サイトトップ >健康病気 >>熱中症対策は水分補給をこまめにすることです。

熱中症対策は水分補給をこまめにすることです。

熱中症は、日ざしの強い屋外だけで起こるとは限りません。
熱中症は、屋外の炎天下で運動している時に起こりやすいのですが、室内でも条件によってはおこることがあります。
そんなこわ~~い熱中症対策水分補給をこまめにするとです。


毎日、発表される天気予報の気温は35度だの場所によっては37度、いや38度に近いような猛暑日、なんだか近年平均気温が高くなっているようですね。
またニュースでも、熱中症で倒れる人のニュースもよく耳にします。



熱中症とは、体温が上昇することで、体内の水分や塩分が低下し、脳への血流も不足してその機能まで低下してしまう状態です。
気温、体温の上昇などで汗をかき体内の水分量が低下するのです。
そのために水分補給が必要なのです。


発見と手当が早ければ軽症で済みますが、「熱射病」のように重傷化すると、頭痛や嘔吐、めまいやだるさを感じたり、さらにひどくなると、意識障害を起こすこともあります。





節電、節電で無理してエアコンをかけずに熱中症で倒れたってことになると何をしていることやらわかりません。


体温を調節するための発汗機能が低 い高齢者や乳幼児、また肥満の人も皮下脂肪が多いと熱がこもりやすいので熱中症になりやすいのです。

高齢者は温度差を感じる機能が幾分低下していることがありますので、温度計などを見ながらあまり無理をしないでエアコンの利用も含めて注意しましょう。



熱中症の発生は、気温や直射日光だけでなく、湿度が高い、風が弱いことで、体温が上がるけれど、カラダの熱が逃げにくい状況になった時に起こりやすいといえます。


熱中症予防には、こまめに水分補給を 人間のカラダは、約55~60%は水分で、体重の2%の水分が失われると脱水状態になり、のどの渇きを激しく感じ始めます。
熱中症対策は早め早めに水分補給をすることが大切ですす。




関連ワード:先進医療 生活習慣病 難病 ダイエット 健康 メタボリックシンドローム 三大成人病





検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。