FC2ブログ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が感じる60歳代後半とは?

内科・循環器科の開業医は大流行り。血圧が高い、糖尿病、コレステロール値が高いの、などなど
60歳代後半
の人であふれている。


私が感じる60歳代後半とは、60歳代後半になりますと、知人・友人の訃報が届いたり、また入院・不安な体調面などの情報が入ってくるのが多くなります。



若いうちは「連絡がないのが元気な証拠」などと言っていたのが、しばらく連絡がないと思うと「ちょっと入院してた。。。。」とか場合によっては、「亡くなっていた。。」などと聞いてびっくり、なんてことにもなりかねません。
そんな領域に入った60歳代後半、いや70歳・・「古希」手前・・



「連絡ないのが元気な証拠」どころか、連絡しようにも連絡できなかったという場合もあるようです。それが60歳代後半なのかもしれません。



まだまだ元気な60歳代後半の人もいれば、ほんとに60代。。。いかにも人生に疲れを感じた人もいます。大きく差の出るのがこの60代なのかもしれません。



若い時は若さのみでもカバーでき、高齢者になればそれなりに流れに乗って生活できるのかもしれませんが60歳代後半、老けるには早いと思いつつ、さりとて自分の思うほど体がついてこない。



まだまだ若いものには負けないと意地貼ってさ~仕事でも。。。と思っても、そんなに甘くない。

新卒の大学生の就職すら厳しい折に簡単に仕事など見つかるはずもなく、それならばとシルバーセンター、またはハローワークに出向くも思うような仕事は見つからない。


ハローワークは今日も仕事探すを60歳代後半の人で大混雑。でもでも60歳代後半には厳しい現実が・・・? 


関連ワード:先進医療 生活習慣病 難病 ダイエット 健康 メタボリックシンドローム 三大成人病 







検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。