スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報サイトトップ >インフルエンザ >>インフルエンザワクチン予防接種の受け方

インフルエンザワクチン予防接種の受け方

インフルエンザワクチン予防接種受けてきました。
同時に胃の内視鏡検査を受けました。インフルエンザワクチン予防接種より胃の内視鏡検査が気になるところですが。。。。1週間程度で結果がっ出ることでしょう。


インフルエンザワクチン予防接種の受ける前の注意事項

インフルエンザワクチンは、その製造工程でふ化鶏卵を使っているために、わずかながら卵由来の成分が残っていますので、タマゴを食べるとじんましんが出るとか、全身性の発疹とか口の中がしびれるとか、強い卵アレルギーのある場合は、インフルエンザワクチン予防摂取を避けるか、注意してインフルエンザワクチン予防接種を受けるなど、接種前に医師に相談しましょう。




インフルエンザワクチン予防接種を受けた後は?

・摂取日は過激な運動は避けて、注射部位は清潔にしておくこと

・摂取日の夜の入浴は差し支えありません

・高熱やけいれんなど異常反応、体調の変化などがあれば速やかに医師の診察 を受けましょう。

・30分以内に急な副作用が起こることがまれにありますので、その間は様子を 見ながら医師とすぐに連絡が取れるようにしておきましょう。
 時間があれば病院内の待合室などで30分程度休むのもよいでしょう。



◆主なインフルエンザワクチン予防接種による副作用は?

副作用は一般的には軽微ですが、注射部が赤くなる、腫れる、硬くなる、熱を持つ、痛くなる、しびれることもありますが、2~3日で消失します。


発熱、悪寒、頭痛、倦怠感、一過性の意識消失、めまい、嘔吐、腹痛、下痢、食欲減退、筋肉痛などなど、、、起こることがありますがこちらも2~3日で消失します。


その他にもいろいろな副作用がまれに起こるようですが、体調の変化を感じたら医師に相談するようにします。


関連ワード:先進医療 生活習慣病 難病 ダイエット 健康 メタボリックシンドローム 三大成人病






検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。