スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://megarot.blog59.fc2.com/tb.php/332-a479c973

-件のトラックバック

[T10] 原発避難のコストを考える

今回の福島原発の避難に関わるコストはどれくらいだろうか??数兆円は下らないようだが~~~?それで一体何人の命を救ったのだろう?????ガンの増加予想数・・・0.5%だったっけか????「がん患者数が6年で23万人増!(ALL About)」によると~~~...

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報サイトトップ >保険病気 >>厚生労働省白書によるガン統計とは?

厚生労働省白書によるガン統計とは?

厚生労働省白書によると、ガン統計では1981年から死因の第1位で、現在は年間30万人以上の国民が
亡くなっている。

また、生涯のうちにガンに罹る可能性は、男性の2人に1人、女性の3人に1人と推計されている。

さらに、ガンは加齢により発症リスクも高まるが、今後はますます高齢化が進むと、その死亡数は
今後とも増加していくと推測されている。

また継続的に医療を受けているガン患者は現在140万人以上、1年間にあらたに罹る人は現在50万人以上と推計。

ちなみに2020年の新規ガン患者数は、男性50万0723人、女性33万7396人 合計83万8119人と推計されている。(ガン研究振興財団「ガン統計・05」参照)


自分だけは大丈夫と思っていても、知らず知らずのうちに病魔が忍び寄る場合があります。

テレビのニュースで、また新聞紙面で緒方拳さんの悲しい記事を見て感じました。

もし 今自分がガンに侵されればとてもじゃないが、保険でも入っていなければともて医療費は
捻出できないのではないかと??

ガンは治療出来たが治療費の為に命を縮まっては何の治療かわかりません????

そのようなときに慌てないために、また、高齢になってガン保険等に入ろうとすれば非常に高額な
掛け金です。

若いときに上手に特約をつけて保険を選べは有利な保険があるそうです。
一度検討してみる余地がるのかもしれません。

保険嫌いな私でも最近考えるようになりました。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://megarot.blog59.fc2.com/tb.php/332-a479c973

1件のトラックバック

[T10] 原発避難のコストを考える

今回の福島原発の避難に関わるコストはどれくらいだろうか??数兆円は下らないようだが~~~?それで一体何人の命を救ったのだろう?????ガンの増加予想数・・・0.5%だったっけか????「がん患者数が6年で23万人増!(ALL About)」によると~~~...

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。