スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://megarot.blog59.fc2.com/tb.php/343-9a679f79

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

心臓病と狭心症

心臓病で誰もが思う浮かぶのが心筋梗塞と狭心症

では狭心症とは?

階段を上がったり坂道を急いで歩いたりした時に、胸が苦しくなる。
休むと自然に消える。

これは狭心症の症状です。
心臓が一時的な酸素不足に陥ったために起きます。

まさか自分が心臓病(狭心症)になるなんて思っても見なかったことですが、。。
心筋梗塞にまで発展すると大変なことになります。


心筋梗塞を起こした人のほとんどは、冠動脈が細くなったり、つまったりしています。
心筋梗塞になって冠動脈がつまっても狭心症のないひとはたくさんいますが、ときに心筋梗塞にひき続いて狭心症が残ってしまう人がいます。


狭心症が残っているかどうかは、運動負荷試験をしてみればわかります。

運動がきつくなるにつれて、「胸が圧迫される」「胸が痛い」といった狭心症の症状が出てきます。
この他に、運動中の心電図や運動後に投影した心筋シンチグラム(R1検査ともいいます)が大変参考になります。

心筋梗塞のあとに狭心症が残っている人は心臓カテーテル検査をうける必要があります。




この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://megarot.blog59.fc2.com/tb.php/343-9a679f79

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。