スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://megarot.blog59.fc2.com/tb.php/411-7c1c3c20

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報サイトトップ >病気シグナル >>メタボリックシンドロームは生活習慣病ーEPAをとると体質が変わる?

メタボリックシンドロームは生活習慣病ーEPAをとると体質が変わる?

EPAは青魚に多く含まれています。
EPAは魚に多く含まれている多価不飽和脂肪酸です。昔から、魚を多く食べる日本人では、狭心症や心筋梗塞が少ないことが注目されていました。


最近の研究では、EPAは血小板疑集を抑えて血液の凝固を防いだり、血管壁の細胞に働いて血管を広げたり、動脈硬化を防ぐことも分ってきました。


EPAにも血液中の中性脂肪(トリグリセリド)を低下させる作用もあり、高脂血症治療薬として使われています。


またEPAは体内の細胞にとりこまれて体質を変える可能性があり、こうした研究も進められています。 



高脂血症の患者さんにEPAを投与した大規模な調査結果

コレステロールを下げる薬を服用している高脂血症の日本人約18,500人を対象に、その半数にEPA(高重度EAP製薬:医療用医薬品)を投与し、約5年間の長期にわたり調査しました。

その結果、EPAを投与した人は投与しなかった人に比べて、5年後の狭心症や心筋梗塞などの発病が19%減少しました。




この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://megarot.blog59.fc2.com/tb.php/411-7c1c3c20

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。