スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://megarot.blog59.fc2.com/tb.php/417-702c6071

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

糖尿病に大切な定期検査

糖尿病は「検査の病気」と呼ばれ、治療を始めたら常に経過を観察することが大切です。

糖尿病は自覚症状が乏しいため、定期的に検査をすることによって、血糖コントロールの状態や合併症が起きていないかなどを知ることが出来ます。


血糖コントロールの良し悪しは、血糖値やHbA1cから評価します。

血糖値とHbA1cについて

検査の種類 -血糖値ーそのときの血糖の濃さ 良好  
                          空腹時   120mg/dl未満
                          食後2時間 160mg/dl未満

                      まあまあ
                          空腹時   140mg/dl未満
                          食後2時間 200mg/dl未満



検査の種類ーHbA1cー 過去1~2ヶ月間の血糖コントロール状態

                               良好 6.0% 未満
                             まあまあ 7.0% 未満


糖尿病ミニミニ辞典

HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)とは?
ヘモグロビンは赤血球の中にあって酸素を運ぶ働きをしています。

このヘモグロビンにブドウ糖がくっついたものをHbA1cといい、血糖値が高くなると増加します。

HbA1cを見ることによって、過去1~2ヶ月の血糖コントロールの状態を判定することができ大切な指標となります。




この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://megarot.blog59.fc2.com/tb.php/417-702c6071

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。