スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://megarot.blog59.fc2.com/tb.php/421-bf8c577f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報サイトトップ >糖尿病 >>インスリンはどうして働かなくなる?

インスリンはどうして働かなくなる?

インスリンが働かないというとき、主に2つの理由が考えられます。

一つは、すい臓からのインスリンの分泌量が不足、もしくは欠乏する場合です。

もう一つはインスリンの分泌量は足りているけれど、体がインスリンをうまく利用できず、インスリンの効きが悪くなる場合です。(この状態を「インスリン抵抗性」がある状態といいます。)


いずれも糖尿病に陥ると、インスリンを分泌するすい臓に負担を掛けることになります。

現在、糖尿病はその原因と病態から四つのタイプに分類されています。
このうち、もっとも多いのが2型糖尿病です。
これは生まれつきインスリンの分泌機構が障害されている。


糖尿病になりやすい遺伝的な要因を持った人が、食べすぎや運動不足、肥満、ストレスなどの悪い生活習慣(環境因子)によってインスリン抵抗性を高めてしまい、糖尿病を発病してしまうものです。


糖尿病はいわゆる「生活習慣病」の一つです。
病気を改善するためには。生活習慣の改善が必要です。




この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://megarot.blog59.fc2.com/tb.php/421-bf8c577f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。