スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食生活を見直して血圧を下げよう

●良質のたんぱく質も重要

たんぱく質は、筋肉や血液、血糖をつくるもととなり、血管を柔軟に、そして丈夫に保つ働きがあります。良質のたんぱく質をたくさん取っていれば、丈夫な血管が保たれ、脳出血などを起こりにくくなると考えられています。

良質のたんぱく質とは卵の白身と大豆など、魚も低カロリーなので理想的です。
植物性たんぱく質と動物性たんぱく質は1対1の割合で取るようにしましょう。



●外食するときは、要注意

コレステロールやカロリーを気にするなら、和食がよいでしょう。めん類は炭水化物のとりすぎになるので、あまり好ましくありません。しかし、どうしても食べたいときは、次の点に注意しましょう・

*汁は半分以上残す
*かけうどんより鍋焼きうどんなどとなるべく具の多いものを選ぶ。
*そばのつけ汁は控えめに

洋食はフライものを避け、なるべく野菜の多いものを選びましょう。宴会のときはおいしそうな料理が並び、食べなければ損だという気になりますが、材料を選んで食べる、といった心がけが必要です。




検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。