スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭心症ーー病歴2

淡路島に釣りに出かけるために自転車で船着場までの約7分ばかりを走りますが、途中に少しばかりの坂道があります。
距離にして3~5m歩いても数歩なのですが、自転車を思いっきりこぎ乗り切ります。


その後に胸がしめつけられるような経験を何度となくしておりました。
また、パソコンでデザイン画を描くのが仕事です。
いつも肩こりに悩まされていたのですが、あるときいつもと違う肩こりを感じました。



行き付けの開業医で見てもらうことにしました。
早速の如く ”はいレントゲンを取りましょう” 骨には異常ないですね 使い痛みでしょう


そうかな~ と思いながら数日が経ちましたが、今までと違う腕の痛みはますますひどく 知人に話しますと
もしか。。。。ということで別の心臓の名医とかいう病院の話を聞きました。


後日病院に出向きました。心電図など一通りの検査をして様子を見ようということになりました。
検査結果から再度24時間フォルダーを付けての検査をしました。。
その間、異常があればということでニトロの舌下錠を渡されました。


数日後の検査結果ならびにここ数日の状況を話しますと、すぐに大きな病院(市民病院)を紹介します。
明日、明後日どちらが言いですか?
ということで2日後の予約をいれて市民病院に行ったのが平成16年の11月でした。

名医のわかりやすい狭心症・心筋梗塞第4版




検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。