スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三大成人病の一つである脳卒中

三大成人病の一つである脳卒中とは脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の総称で脳卒中は脳血管障害ともいわれ、脳の血管に何らかの問題が起こって、脳に障害を来たす病気です。

三大成人病とは:ガン、心臓疾患、脳血管疾患
 これに高血圧性疾患、糖尿病を加えたのが五大成人病です。

五大成人病とは:ガン、心臓疾患、脳血管疾患、高血圧性疾患、糖尿病の5つの病気のことです。
 これに肝硬変、慢性腎不全を加えたのが七大生活習慣病です。

七大生活習慣病:ガン、心臓疾患、脳血管疾患、高血圧性疾患、糖尿病、肝硬変、慢性腎不全





脳卒中による入院患者さんの7割が脳梗塞
脳卒中は、マヒ、歩行障害や言語障害などの後遺症が残ることが多く、寝たっきりの最大の原因になっています。


厚生労働省の調査によると、脳卒中による入院患者さん10万人あたり178人(厚生労働省 平成14年度「患者調査」)になります。最近では脳卒中のなかでも脳梗塞による入院患者さんが増えており、約7割を占めるようになってきました。



脳梗塞の危険性を高める高LDLコレステロール血症
なぜ、脳梗塞の患者さんが増えているのでしょうか?脳梗塞は動脈硬化や血栓(血液のかたまり)による脳の血管が詰まる病気です。

食生活の欧米化などに伴い、動脈硬化の原因となる糖尿病や高LDLコレステロール血症が増加していることが、脳梗塞患者が増えている原因の一つと考えられます。
社団法人 日本脳卒中協会ー脳卒中を予防するための十か条より引用

医者に聞きたかった本当の話

関連ワード:動画 無料 画像 ダイエット ブログ 健康 2010 DVD メタボリックシンドローム

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。