スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報サイトトップ >病気シグナル >>三大成人病・脳卒中の十か条ー脳卒中起きたらすぐに病院へ

三大成人病・脳卒中の十か条ー脳卒中起きたらすぐに病院へ

三大成人病・脳卒中の十か条を見てきましたが十か条、を守ったからといって、絶対に脳卒中が起きないとは言えません。が、三大成人病・脳卒中がおきるリスクを少なくすることは出来るでしょう。

この十か条を守るか守らないかはあなた次第です。日々の生活で十か条を守りながら生活する方が守らなかった人よりも脳卒中になるリスクは少なくなるでしょう。


脳卒中による命の危険を防ぎ、後遺症を軽くするには、早めの治療が第一、もしご自身や周りの人に以下の症状がみられたら、一刻も早く専門医を受診してください。


脳卒中では以下のような症状が突然に起こります。

★ 片方の手足・顔半分の麻痺・しびれが起こる(手足のみ、顔のみの場合もあります。)

★ ろれつが回らない、言葉が出ない、他人の言うことが理解できない

★ 片方の眼が見えない、物が二つに見える 視野の半分が欠ける

★ 経験したことのない激しい頭痛がする。

★ 力はあるのに立てない、歩けない、ふらふらする

上記のような症状があれば一刻も早く専門医を受診して下さい。

脳卒中は入院治療が基本です。患者さんの予後(後遺症など治療の回復状態)を良好に保つためには、早期発見・早期搬送(発病から入院までの時間、出来る限り2時間以内に到着すること)が決め手になります。

一部 社団法人 日本脳卒中協会「脳卒中を予防するための十か条」より引用 (http://jsa-web.org/)


「三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報」で直近に検索された語句の一部

新薬 ジャヌピア
余命 心・〇駑袋
高齢者の睡眠薬の癌との副作用はないか
心臓病 高額医療保障
バリューム

関連ワード:病気 コラム 動画 DVD 番組 口コミ 女性 2010

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。