スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報サイトトップ >保険病気 >>三大成人病 のがん、心疾患 、脳血管疾患って?・・ガンの怖さとは?

三大成人病 のがん、心疾患 、脳血管疾患って?・・ガンの怖さとは?

母を胃ガンで亡くしたとき、医療関係の人から聞いたのは、ガンの恐ろしさは、なかなか逝かせてくらないこと・・・本人はもとより周囲(家族)もつかれ切ってクタクタになるまで逝かせてくれない。



周囲(家族)もこれ以上は患者の苦しむ姿を見たくないというまでがんが身体を蝕みます。母の場合も何度も何度も危篤状態を繰り返し、脳死状態と告げられたときは、「このまま静かに眠らせてやりたい。」という気持ちになりました。
ガンの本当の怖さはここにあると医師から聞いたことがあります。



三大生活習慣病 のがん、心疾患 、脳血管疾患って「どんな病気」で「何が原因」で「どんな症状」で「どうやって発見される」の ???





・ 脳血管疾患とはどんな病気

最も多い脳疾患は脳卒中。原因により大きく2つに分かれる。脳の動脈が詰まって血液の流れが妨げられる脳梗塞と、脳の動脈が破裂して出血する脳出血である。




検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。