スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報サイトトップ >保険病気 >>薄毛と前立腺がんの関係 「前立腺がんの発症 20歳薄毛だと2倍」

薄毛と前立腺がんの関係 「前立腺がんの発症 20歳薄毛だと2倍」

前立腺がんを発症した男性は、20歳の頃に頭髪が薄毛だった割合が、発生しなかった人の約2倍だとフランスの研究チームが欧州臨床腫瘍学会誌に発表した。読売新聞(2011.2.21)

「前立腺がんの発症 20歳薄毛だと2倍」という薄毛の男性にとっては何とも心配な新聞記事が目に入りましたので引用します。


20歳時点で薄毛だった人の割合は、前立腺がんを発症していない人では5%だったが、発症者では9.5%だった。
「男性ホルモンが作用した可能性を指摘している。」という内容の記事ですが。。。



前立腺がんの発生 (ガン情報サービスより引用 http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/prostate.html
がんは、前立腺の細胞が正常の細胞増殖機能を失い、無秩序に自己増殖することにより発生します。
最近、遺伝子の異常が原因といわれていますが、正常細胞がなぜがん化するのかまだ十分に解明されていないのが現状です。

がんは周囲の正常組織や器官を破壊して増殖し、他の臓器に拡がり腫瘤(しゅりゅう)を形成します。他の臓器にがんが拡がることを転移と呼びます。前立腺がんが、よく転移する臓器としてリンパ節と骨があげられます。




検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。