スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報サイトトップ >医療資料 >>狭心症の薬物療法にはどんな薬があるか。。

狭心症の薬物療法にはどんな薬があるか。。

狭心症の治療に使われる薬には、屯用薬と発作予防の薬があります。屯用薬は、発作が起きたときに使うもので、ニトログリセリンが代表薬です。

発作予防には、心臓の血管を広げる薬や、血液を下げたり心拍数を減らして、心筋の酸素需要を減らす薬が使われます。


・硝酸薬
ニトログリセリンがその代表で、屯用薬と発作予防の薬です。患者さんの状態や用途に応じてさまざまな種類があります。屯用薬としては舌下錠やスプレー剤、発作予防には効果の持続時間が長い、貼り薬や飲み薬が使われます。


私の場合はニトロダームTTS25mgという貼り薬を毎晩一枚つす所定の位置に貼って休んでいます。狭心症の改善をする薬で、皮膚を通して吸収されて、心臓へ酸素や栄養を送る冠血管を広げます。


・カルシウム拮抗薬
発作予防の薬です。血管を広げる作用が強く、高血圧にも用いられます。血管を下げて心臓の負担を減らし、また冠動脈を拡げてスパスムを予防します。安静時および労作性狭心症の治療に有効な薬です。

関連ワード:病気 コラム ダイエット 三大成人病 生活習慣病 血圧 口コミ 糖尿病 健康診断 メタボリックシンドローム




検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。