スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報サイトトップ >旬の話題 >>暑熱順化ー熱中症にかかりにくくなる身体に変えよう。

暑熱順化ー熱中症にかかりにくくなる身体に変えよう。

暑熱順化とは、暑さに体が適応した状態のこと。順化前後で最も違うのは汗腺の働き。順化すると汗腺の機能が高まり、汗が出て行くときに汗腺でナトリウムが再吸収される。その結果、塩分の少ないサラサラの汗がかけるようになる。


例年より早くに梅雨が明けたかと思うと日本列島あちこちで35度、37度と猛暑日が続いています。
一昨日、何気なく聞いていた競馬中継でただいまの気温 40.3度になりました。とアナウンスされていました。馬の走るダートコース上はたして何度になっていたか??


この暑熱順化という言葉も始めて知りました。
異常気象ともいえる猛暑日が続くゆえにこのような言葉も使われるのでしょうが、始めは暑熱順化?
今朝のテレビの話題で聞いたときには、”何のこと”と一瞬わかりませんでした。早速に調べてみると下記のような説明がなされていましたので、抜粋します。


関連ワード:三大成人病 生活習慣病 高血圧 糖尿病 健康 病気 メタボリックシンドローム
ダイエット コラム カテーテル検査



熱中症対策として、今すぐ始めたいのが暑さに体を慣らす「暑熱順化(しょねつじゅんか)」だ。暑熱順化とは、夏の暑さに耐えられる体になること。「かつては誰でも梅雨の間に暑さにさらされ順化したが、冷房のある環境で過ごす人が増えた今は積極的に順化するための対策が必要」と星教授。梅雨明けまでに順化しておけば、熱中症にかかるリスクをぐんと下げられる。


 暑熱順化で変わるのはまず汗のかき方だ。「順化すると汗腺の働きが良くなり、汗とともに出るナトリウムの量が減る。その結果、体液バランスが崩れにくくなる」と星教授。


 実際、星教授らが行った研究で、暑さに慣れていない冬場と、慣れている夏場では、同じ運動をしても汗に含まれるナトリウムの量に差があることが確かめられている(下グラフ)。


 さらに「暑熱順化すると、体温の上昇を察知して汗をかき始めるタイミングが早くなる。体液量が増えて水分喪失に対する予備力が高くなる側面もある」と奈良女子大学生活環境学部の鷹股亮教授は話す。順化した人は発汗後の水分補給で体液量を回復しやすいことも、鷹股教授らの研究で明らかになっている。
より詳しく知りたい方は↓
 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110711-00000001-health-soci



節電が合言葉のように使われ、クーラーの温度とか使用についてもいわれるときですが、”節電の為にクーラーを使わずして熱中症になった”ってことの無いように気をつけましょう。

円形脱毛症なぜ私に!原因と治療と予防
円形脱毛症にはどんな種類があるか?

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。