FC2ブログ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボと肥満は違います。

肥満だとメタボリックシンドローム(メタボ)と決め付けられたように思われますが、メタボリックシンドローム(メタボ)肥満(ちょっと言葉がわるいが。。デブ)とは違います。
正確にはメタボとデブは違うということです。



肥満(デブ)がメタボリックシンドローム(メタボ)ならお相撲さんは皆メタボリックシンドローム(メタボ)になりますね。
メタボ軍団ということになりますが。。。


肥満とは太りすぎのことを言い、一般にBMIという指数で評価されます。
BMIとは、
BMI=体重(kg)÷身長(m)x身長(m)で表され、この数値が25を超える場合に肥満と診断されます。


メタボリックシンドロームとは内臓脂肪の蓄積+その他の要因が重なっている状態のことを表し、現在日本では以下の条件を満たす場合にメタボリックシンドロームと診断されます。


絶対条件として『ウエスト周囲径が男性で85cm以上、女性で90cm以上』があり、
下記①~③のうち2つ以上該当する。
①中性脂肪が150mg/ml以上もしくは、かつ、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が40mg/dl以下
②血圧:収縮期血圧(上)が130mmHg以上もしくは、かつ拡張期血圧(下)が80mmHg以上
③空腹時血糖値が110mg/dl以上

簡単に言えば肥満だけではメタボリックシンドロームとは言えませんが(実際血圧や血中脂質、血糖値が高くない人もたくさんいます)、肥満の状態が長く続けばメタボリックシンドロームに移行する可能性は肥満でない人と比較するとかなり高いということです。


メタボリックシンドローム(メタボ)の条件の一つに『ウエスト周囲径が男性で85cm以上、女性で90cm以上』とあるので、肥満は即メタボリックシンドローム(メタボ)のように思われますが、肥満だけではメタボリックシンドローム(メタボ)ではないのです。


でも、肥満の方は中性脂肪の値またコレステロールの値においても基準値外の場合が多く
ウェスト周囲の数値オーバーのためにメタボリックシンドローム(メタボ)と判断されることが多いでしょう。



重篤な成人病はまたメタボリックシンドローム(メタボ)から誘発される危険性がありますので軽症のうちに治療等を心がけましょう。

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。