スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報サイトトップ >保険病気 >>明石市高齢者インフルエンザ予防接種予診票

明石市高齢者インフルエンザ予防接種予診票

今年もインフルエンザ予防接種の時期がきました。
持病の治療で通院先の先生から受付でインフルエンザ予防接種の予約をして帰ってください。とのことで明石市高齢者インフルエンザ予防接種予約を済ませました。


心臓に持病のある私にはインフルエンザ予防接種はぜひとも受けるように言われてからは毎年インフルエンザ予防接種を受けています。


昨年に先生に聞きました。
”もしインフルエンザ予防接種をしなかったら・・・”どうなりますか?
先生は・・ ”もしインフルエンザで死亡するような自体になれば、インフルエンザ予防接種を受けていれば助かったでしょう。とのことでした。



昨年もインフルエンザ予防接種受けながらパンフレットさえ読んだことがなかったのですが、来週に迫ったインフルエンザ予防接種に向けての明石市高齢者インフルエンザ予防接種予診票を記入するにあたって初めてじっくりとインフルエンザ予防接種というパンフレットを読みました。



インフルエンザ予防接種の有効性・・・という項目欄に

65歳以上の高齢者にたいして行った調査では、予防接種を受けないでインフルエンザにかかった人の34~55%は、インフルエンザ予防接種を受けていればかからずに済んだこと、またインフルエンザ予防接種を受けないでインフルエンザにかかって死亡した人の82%はインフルエンザ予防接種を受けていれば死亡せずに済んだことが報告されているのだそうです。



主治医がいった
”もしインフルエンザで死亡するような自体になれば、インフルエンザ予防接種を受けていれば助かったでしょう。とは、このことだったんですね。


関連ワード:先進医療 生活習慣病 難病 ダイエット 健康 メタボリックシンドローム 三大成人病 

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。